太りやすい体質をあきらめる前に、ぜひ実践したい簡単な方法とは。

太りやすい体質って?

40代も過ぎてくると、代謝が落ちて痩せにくくなります。
痩せたいとは思うけれど、努力しても報われないなんて、やる気になれない。と思っているあなた。

✅若い頃と同じように食べていたら太った。
✅食べる量も減らしているのに痩せない。
✅毎日の生活でストレスを感じることがある。
✅肌や髪の艶が感じられない。
✅疲れが取れにくく、慢性的な疲労感がある。

若い頃に比べて太りやすくなっていると感じているのは、身体に老廃物が溜まっているせいかもしれません。血液とは別に、身体にはリンパ液が流れています。身体の余分な水分を筋肉から回収しているのもリンパです。身体にたまった老廃物や疲労物質が体の毒になって太りやすい体質になっているのです。これを改善し、身体の毒となる老廃物を押し流し、リンパの流れを良くすることで、血行もよくなり、疲労もたまりにくい痩せやすい体質になっていきます。

リンパってなんだろう?

リンパの元は血液です。白血球の部類なんですね。そしてその役割は、血液が運びきれなかった老廃物を運んで排出させることです。
リンパは、血液のように心臓のように押し流していくポンプを持っておらず、筋肉の動きで全身を流れています。例えば、一日の大半をデスクワークで同じ姿勢を取り続けている場合、鼠径部のリンパを締め付けている状態が長時間続いて、リンパが流れにくくなっています。そのため、脚がむくんだりするのです。

リンパは主に代謝と免疫力に大きくかかわっています。身体から余分な老廃物、疲労物質を排出することを、デトックスと呼んでいます。
充分なデトックスが行われていたら、身体は余分なものを溜め込みません。簡単なヨガのポーズでリンパの集まっている場所(リンパ節)を効率よく刺激することで、老廃物がろ過されていきます。
首、鎖骨、胸、わきの下、腹、鼠径部、膝裏に主要なリンパ節の個所があります。最終は鎖骨のリンパ節を通って血管と合流し、心臓へと戻っていきます。筋肉を刺激することでリンパ液がリンパ管の中を流れていきます。体の中に残った老廃物や疲労物質を押し流し、血行も免疫力もアップさせていきます。

美姿勢ヨガのおすすめ

鎖骨、胸、わきの下、腹、鼠径部を刺激するポーズを中心に筋肉を動かしてリンパの流れをスムーズにしていきましょう。中でも美姿勢ヨガのおススメは、ダウンドックのポーズです。
一見すると簡単なポーズに見えますが、背中をまっすぐに伸ばし、腕と一直線に繋げ、お腹を薄く保ってお尻を高い位置に引き上げ、脚の裏側はしっかりと伸ばしていく全身を使うポーズです。本来は休息のポーズなのですが、身体が固いと容易ではないのです。まずはこの姿勢が楽にとれるように練習をしていきましょう。慣れてくると、疲労回復、姿勢改善に向くと言われる通り、気持ちのいいリラックスできるポーズです。

今回のまとめ

リンパは主に代謝と免疫力に大きくかかわっています。筋肉を刺激することで、リンパ液が体の中に残った老廃物や疲労物質を押し流し、血行も免疫力もアップさせていきます。筋肉を動かすことでしか、リンパの流れをスムーズにできません。リンパの集まるリンパ節を効率よく刺激して、身体の毒素を取り除くことで、免疫機能を強化し、代謝を上げて痩せやすい身体になっていきます。

もちろん、美肌にも効果的です。
肌や髪に艶が戻ります。サプリメントに頼る前にぜひトライしてみましょう!


それでは、スタジオでお会いできる日を楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です