この季節限定じゃない?気になる肌のかさつき対処法とは。

空気の乾燥が気になるこの季節、紫外線による乾燥のダメージは少ないのですが、冷たい風、空気の乾燥により肌の表面からは水分が奪われていきます。
寒い季節は、水仕事もついつい温水を使ってしまうので、肌も乾燥してしまうのねと思っていませんか?実は肌の乾燥の原因は季節だけの問題ではないのです。以下の項目をチェックしてみましょう。

目がかゆい。または目が乾いてゴロゴロしたりする。
✅食物繊維も鼻がよく詰まる。または乾燥していると感じる。
✅トイレが近くなった。
✅喫煙をする。
✅手足が冷える。
✅手足の肌荒れがひどい。
✅入浴後に肌がかさつく。

肌が乾燥する原因は身体の冷えだった

年齢を重ねた肌は、乾燥肌に傾いていく。と言われますが、女性ホルモンの低下とともに、コラーゲンが減少し、ヒアルロン酸やエラスチンといった肌の弾力や保湿をする成分が減少するせいで、今まで使っていた化粧品が肌のかさつきやツッパリ感を感じたりすることがあるのです。
入浴後に手入れを怠った肌は、たちまち肘が硬くなり、膝が粉を吹いたようにカサカサしたり。ひどい場合は、足のかかとが乾燥して硬いひび割れが起きたり。全身に乾燥のサインが現れるのです。
特に早期の段階に現れるのは、眼の周りの乾燥。目の周りのカラスの足跡、ちりめん状の細かい小じわには注意です。いつもよりしっかり保湿、クリームの重ねつけなどして対処しましょう。問題は、それが体が乾燥し始めたサイン

血流が悪くなると身体の冷えが起こります睡眠不足や運動不足、ストレスなどによって血液の循環が悪くなります。身体の隅々まで栄養を行きわたらせ、老廃物を流すリンパの流れは遅く、鈍くなります。これが体の冷えを招き、筋肉を硬くするのです。そのため肌の細胞の再生力も低下してターンオーバーに時間がかかってしまいます。

美姿勢ヨガのおすすめ

消化機能を向上させ、 血流を促し冷えやむくみを改善、下半身の引き締めにもよいピラミッドのポーズプラサリタ・パドッタナーサナ)です。姿勢を整える背骨に沿った脊柱起立筋群にも良い刺激になります。背中ができるだけまっすぐになるように頭頂とお尻で引っ張り合うように伸ばします。腰の外側に力を入れて身体が安定させ、腿の前面を意識します。難しい場合には、ヨガブロックなどの補助具を使って頭を支える方法も良いですね。成長ホルモンの分泌を促していきましょう。
また、不安な気持になってしまう時や気分が落ち着かないなどの気持ちを整える効果も期待できます。

栄養をバランスよく摂取する

食生活の乱れはもちろん、偏食が肌に良くないのでバランスよく食べることです。この時期のおすすめは人参β-カロテンを豊富に含み、細菌やウイルスの侵入を防いで粘膜を強くして免疫力を上げます。骨を強くするカルシュウム、食物繊維も豊富です。
良質なたんぱく質やビタミンを多く含む大豆も更年期の年代には欠かせません。
血行を促進させるナッツ類アボガドなど。肌のためには、コラーゲンたっぷりの鶏のスープや鍋も体を温めてくれます。

今回のまとめ

年齢を重ねた肌の乾燥は、この季節だけのものではありません。睡眠不足や運動不足、ストレスなどによって血液の循環が悪くなります。女性ホルモンの低下とともに、コラーゲンが減少し、ヒアルロン酸やエラスチンといった肌の弾力や保湿をする成分も減少してしまいます。血流を良くして冷えを改善し、栄養をきちんと摂ること。肌にはタンパク質、亜鉛、ビタミンA、C、Eは特に必要です。

朝食に豆乳ベースの人参ジュースなど取り入れてみてはいかがでしょうか。
私の場合は、ミキサーでのジュース作りをします。どうせなら食物繊維もすべて一緒に、身体に取り込みたいですもんね!

それでは、スタジオでお会いできる日を楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です