あなたの世界を変える『初めの一歩』

春分の日を過ぎ、今年は桜も早く、すでに満開を迎えたところもあるようですね。
晴れた日の日中の風には冷たさが消え、気持ちも晴れやかになります。コロナの長引く影響を受けながらも、私達は新たなチャレンジをし、前に進んでいくのです。時に、コロナさえなければ。と思い、また、オンラインでのレッスンやキャッスレスの習慣などの新たな変化を受け入れる機会だったと思ったりしています。皆さんはどうでしょうか?

まずは深い呼吸を意識してみる

何かを変える時にはタイミングと勢いも必要ですが、勇気がいります。そんな時あなたはどうしているでしょうか。機が熟したら・・・と思うかもしれませんが、そんな日はたぶん永遠にやってきません。今だったら完璧なのに。と思う時があるなら、それは自分の成長が止まった時でしょう。ただ一つのことだけに集中するのは難しく、あれもこれもと仕事も家族のことも、いろいろと同時進行で進んでいくのです。

そんな時ほど、呼吸は浅く早い呼吸になっていると思います。まずは立ち止まってゆっくりと丁寧に時間をかけて呼吸することを意識してみましょう。

身体のエネルギーを作りだすには、酸素を体いっぱいに取り込む必要があります。まずは、息を吐き出して、おなかを薄く。次に酸素をたくさん取り込めるように吐き切っていきましょう。今度はゆっくり息を吸い込んでいきます。お腹を膨らませ、肋骨を開き、鎖骨を持ちあげ、身体の隅々まで新鮮な酸素を送りこむイメージで。脳にもじゅうぶん酸素がいきわたり、感覚が冴えてくるのを味わいます。時間を浄化し、気持ちが浄化されていきます

ネガティブワードを書き換える

世界中のニュースを観ると、この時代、ここに生まれてきたことは、本当に運がよかったと改めて感謝しています。 私たちは皆幸せになるために生まれてきた。だから、今よりも幸せになっていいんです。こんな私が幸せを願って願いが叶うのだろうか?そう思うことをまずやめる。なぜなら、ネガティブなお願いも神様は叶えてしまうからです。「でも私には無理」と思ってしまったら、その後に『無理なわけがない!』と言ってみましょう。「できないよ」って思ってしまったら、『できないわけがない!』、「難しい」と思ってしまったら、『難しいわけがないわ!』と言い直すのです。それだけでもネガティブだったエネルギーが変換されていきます。

自分の世界を変えていくのは自分自身

ヨガを始めてから、変わったことは他人にさほど期待しなくなったことでしょうか。他人の言葉や行動に左右されなくなったと思います。それは誰かが何かをしてくれると期待しないということです。私があなたのためにこんなにしてあげたのに・・・それは自己満足でしかありません。他人の本当の気持ちはわからないですし、だからこそ、思いやって、言葉にして、行動で示せばよいのです。相手がどう思ったか、気に入らなかったかな?とか、なぜ返信をくれないんだろうとか、自分には答えが出ないことを考えて悩む時間は必要ないんです。あなたができる事をした。それ以上でも以下でもありません。それでいいのです。あなたが悩み悲しむことはないのですから。
そう思うと、世の中の見方が変わる体験ができます。色のない世界も美しい色に染まり始めます。自分の気持ちが変わると、他人に攻撃をすることもなくなり、執着も薄れていきます。ただ、実際に起きている、それだけのことを受け入れる気持ちがあればよいのですから。

最近の私は、「来る者は拒まず、去る者は追わず」です。友達100人いなくていいんです。同調し繋がっていける、共有できる人と自分が思う幸せをシェアできれば、それで十分だと思っています。生涯を通しての真の友達がひとりいれば、それでも幸せを感じられると思っているから。

それでは、まだ出会えていない未来の友人へ。いつかお会いできる日を楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です