あなたを今すぐ幸せにする、自分にとって楽しいこと考えていますか?

早々に梅雨入りはしましたが、晴れた日には陽射しが痛いほどです。視界がチカチカしますね。朝の早い時間は、まだ少しひんやりと清々しさを感じます。
今日1日、どんな良いことが待っているかを想像しながら、今日の予定に頭を巡らせます。
やってしまわなければならないことは大まかに、自分が楽しみにしていることは、詳細に(笑)です。

今のあなたは、どこを見ていますか?

明るい未来を誰もが想像しているし、期待をしています。成長した自分や目標を達成した自分。評価されて褒められた自分とかね。ワクワクしますね。

だからそのために、今がつらくても頑張るの!!って思い込んでいるとしたら、いつまで頑張ればいいのでしょうか・・・いつかのために頑張って、いつかが来ないことはあなたは薄々気づいていると思います。
今まで成功したことがなかった。いいことがなかった。
それは過去のこと。後ろを向いて過去の出来事を熱弁すればするほど、あなたの意識の深い部分に、『だからできない。私は知っている』とくさびを刺して自分自身を納得させているのです。

今の気持ちの、今の出来事の延長上に未来があります。ある日突然、天国の扉が開くわけではないのです。だから毎日、小さなことを喜んで、いいことがあったとワクワクして過ごすことで、気づけば笑顔が増えています。

今がつらくても頑張るなんて、さっさと手放してしまえ!

いくつになっても、いつからでも変えることができます。
ただし、あなたにしか、あなたを変えることができません。私は素直になれないから。と思っているならば、本当のあなたは素直になりたいと思っていますよ。

今だから話せますが、会社員として働いていた頃、チームで仕事をするのが苦手でした。クリエイティブな発想に関しては少なくとも自信があったので、ルールをすっ飛ばして独創的でもいいじゃない?と思っていました。でも、個性的より一般受けを指示される。つまらない世界だなぁ。なんて思って、一人で任されるとひそかに喜んで頑張って取り組んでいました。
そして最終的な作業に入って、自分だけですべてをやろうとすると、なかなか進まないんですよね。でも、素直に手伝ってほしいと言えないのです。ため息をつき、忙しいをアピールして仕事していましたね。(ほんとにごめんなさい!と周りにも、一番はあの頃の私の背中をさすってあげたい!おつかれさま!)

あの頃の頭の中は、達成感を味わった自分の過去の記憶、それが再び味わいたいばかりで頑張っていました。
この時代に脚気という病気になり、毎朝出勤前にブドウ糖注射を打ちに通院していました。根拠もなく頑張れると思い込んでいましたし、周りができるのに、あなただけできないなんて特例はないわ。という、優しい顔をした悪魔(同僚)が言うのを、鵜呑みにしていましたから。

未来は大切。でも今が幸せでありたい。

今やっと、自分のことがわかるようになってきました。
自分の気持ちに落ち込むこともなくなりました。まったくないわけではないけれど、事実、実際にあらら?と思う出来事は起こります。でも、それはただの実際の出来事。あぁ、しまった!まずいことが起きたぞ!と認識するか、少し調子に乗りすぎたな。限界があるってことか。と学びとしてとらえられるかです。

私自身の捉え方が変わったことで、『悪い出来事』と思わなくなったからです。ものすごく遠回りしましたが、失敗の経験も今は私を強くしてくれました。あの頃があったから、折れることはない。とも思えるのです。

目的に近づくための、小さな目標を立てること。
毎日の成果を「やった!できた―――」と喜ぶこと。それが、心の負担を軽くして、いい気分で眠りにつくことができるようになります。今は1日が充実しています。
自分が自分の一番の理解者で、同志で、友人なんです。
悲しいとか、こんな風に苦しいとか、ちくちく痛いとか、他人にはわからない。だから、自分で自分を慰めて、褒めて、許してあげればいいんです。

今ここに生まれて、存在していることは、私の魂が望んだこと。今日の幸せに、期待して楽しんでいきましょう♪


それでは、いつかどこかで、ご縁ができる事を願って。

PS スタジオのリフォームがやっと始まりました。
この場所があるということに感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です