シンプルだけど質の高い暮らし。要らないモノに手を出さない。

朝晩の涼しさを感じるようになりました。晴れた日はまだまだ気温が高く、身体の調節機能も乱れがちになります。冷たいものを好んで食べた季節を過ぎると、身体の中に溜まった疲労を感じ始めます。消化の良い食べ物、胃腸を刺激して気持ちの良い一日を過ごしていきましょう。

所有すると愛着がわいてしまう心理

さて、本日はいつもの『手放していく』考え方とともに、手放すべきもの、そもそも欲しくて手に入れたいと望んだもののはずだけれど、それはあなたにとって本当に必要なものですか?という話です。

衝動的にかわいくて欲しくなるもの、ありますよね。
そもそも欲しいものがあってイメージできていたはずなのに、ショップを巡って気が変わる・・・。そんな経験、私はあります。下調べしていたものよりもずいぶんお値打ち価格なのがまた嬉しい!とか思っちゃう(笑)


実はそこが落とし穴なんです。

モノを所有すると、それが自己のアイデンティティとなるという実験結果が出ています。

どういうことかというと、例えばね、ダイヤモンドが欲しいと思っていたとします。ダイヤモンドってほんの少しの光があれば暗闇ですら輝きます。何がすごいって、石の中でもエネルギー、高い波動を持つと言われているので、昔ながらの指輪じゃないシンプルなデザインの――――と思うわけです。
でも、本物は高価だし、そっくりの偽物とわかっているのに、人工ダイヤのジルコニアのデザインがかわいいし、これいい!と手に入れます。

けれど偽物は、本物にはなれないんです。

でも、その偽物でさえ、一瞬でも自分のものとして所有してしまうと、捨てられなくなる、手放せなくなるというのです。

厳選して手に入れる質の高いもの

あなたの周りを見渡してみてください。あなたが厳選した本当の欲しかったものと暮らせているでしょうか。手に入れるのは簡単だけれど、手放すのは難しいのです。そういったもので、家の中が溢れていませんか?

本当に欲しいもの。自分のエネルギー(やる気)を上げてくれるものを少しずつ厳選していくことが、シンプルでミニマムな暮らしになっていきます。

そう、要らないモノにはじめから手を出さない。それが正解だと思っています。
憧れの暮らし、そしてモノも、捨てられなくなる前に、お気に入りを厳選してずっと使っていけるのがいいと思います。思い入れも持てるし、丁寧に扱おうと思います。無駄使いも減ります。

冷蔵庫の中も、同じです。
安売りだったから。と買ってはみても、消化できなければ廃棄になります。
食べたいものをちゃんと選ぶ。そんな暮らし方をすることでもSDGsな生活ができます。

ヨガ的、気持ちの良い暮らし方

少し疲れたなぁ・・・と感じる時、私は甘いものが好きなこともあり、ついついチーズケーキやアイスクリームが食べたくなってしまいます。甘いものは簡単に満足感が得られるのでもっと欲しくなってしまうのですよ・・・。じつは、これが腸内環境を悪くさせて、無気力感やだるさを引き起こしたりします
ここを少し我慢してリンゴやバナナを食べることにしました。リンゴはペクチンやカリウム、ポリフェノールをたくさん含み、腸内の有害物質を排除してくれますし、バナナは心の栄養ともいわれるバランス食材。エネルギーにもなってくれます。どちらも食物繊維が多いので、この時期の消化を助けてくれます。


美姿勢開運ヨガでは身体をねじったポーズを実践内臓が刺激され、消化を促してくれます体の歪みも修正できますよ。併せて水分もたくさん摂ると排泄もスムーズです。そして、夜が涼しくなったことで眠りやすくなりました。何より睡眠が大事。眠りにつく前の幸福感は気持ちの良いものです。

そしていい夢を見るためのおまじないもします。
今日も一日楽しかった。今日の私はサイコーだった。明日もいい事ありますように・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です