日常の時間の価値を高める。私にできる普通のこと

ゴールデンウィークはどのように過ごされたでしょうか?
緊急事態宣言の対象地域ではなくても、必要のない外出はなるべく控えるなどの心遣いをされていたと思います。私自身はリフォームが始まる前の部屋の片づけと、溜め込んだ本を読んでの静かな連休となりました。まぁ、予定もなくのんびり過ごすのも私にとっては特別でした。

ひとりで過ごす幸せで優しい時間

コロナ以前は、図書館に行って静かな時間を過ごすことが私のお気に入りの時間でしたが、行政が管理していることもあり、ここ1年以上は足を運んでいません。目的の本がなくても、それ以外の面白そうな本を見つける楽しみもありますし、日常を離れた空間で、じっくりと深く自分の心と照らし合わせて読むのです。新しい発想や発見を与えてくれたりします。

今はいろいろな分野の本を読むようになりました。ヨガ関連の本以外にもパソコン、占い、自己啓発だったり、食事や栄養についてだったり。とはいえ、読みかけの本が気づけば数十冊・・・。旅に出る時も必ず持ち歩いていますが、電子書籍も利用しています。

最近、お気に入りの本があります。とても言葉の表現が美しくて、じんわりと私を癒してくれるのです。そういう時は日本語がいかに繊細で、優しくて美しいと感動します。例えば青と蒼、はっきりした青とくすんで鈍い蒼・・・日本語の深さを感じます。そうやってイメージしながら味わいながら文章を読んでいる時、ヨガと同じ深い呼吸を繰り返す静寂の時間と空間が流れているのを感じるのです。

穏やかで優しく流れる時間を自分の世界にどう生かしていくか。インプットするだけではなく、それ以上に伝えられるか。流されずどう行動できるか。私のテーマでもあります。

開運美姿勢ヨガ的リフレッシュ

読書に集中したら肩から首が凝ってきますよね。重い頭を支えているのですから。一息入れて首を回してリフレッシュしましょう。速い勢いで頭をブンブン回す方がいらっしゃいますが、首には太い血管や重要な神経があります。負担をかけないようにゆっくりと。頭頂で大きな円を描くように回します肩が凝っている時は背中も硬くなっています。
可能であれば、椅子に座ったままで良いので背骨を前後に動かしてみましょう。お尻の二つの坐骨の真上に頭が来るようにして骨盤を立てます。両手は自然に下ろして椅子の座面の横を持っても良いですね。
①(息を吸って)胸を引き上げるようにして肩を後ろに引きながら後ろにそらせます。頭も自然に後方へ。
②(吐いて)ゆっくり背中を丸めて、頭を前に垂らします。お腹をへこませて息を吐き切りましょう。上体の力を抜いて。
ゆっくりとした呼吸に合わせて10回ほど繰り返します。最後はゆっくりと頭を持ち上げて。
頭も身体もスッキリしますよ。

私たちの未来は自分の手の中にある

私がフェアトレードという言葉を知ったのは数年前。そのころの商品といえば、チョコレートとコーヒー、コットンくらいでしたでしょうか。途上国の生産者や労働者を商品を買って応援しようというものです。
コロナの今の時代に、私たちが生産者の売れ残って廃棄されてしまう商品を積極的に買って消費しよう地産地消しようとかそんな気持ちが強くなったのとの同じ。世界規模の運動ですね。そしてSDGsの活動でもあります。
昨日は、スーパーで小川珈琲の有機珈琲フェアトレードモカブレンドを購入。身近に普通のスーパーの棚に並ぶようになったのは嬉しいですね。


そして、私の使っている食器用洗剤はハッピーエレファントというきれいなグリーンのボトルのもの。海の水を汚さず、いきものに負担をかけないという洗剤。象牙のために乱獲された象を救うプロジェクトです。ネットの口コミなどには、全然汚れが落ちない。買って損した。などの書き込みもあります。悲しいけれど。でも大事なのは、そのあとの未来はどうなるのかを考えていますか?というところなんじゃないかなと思います。より多くの人が自分のことだけではなく優しい気持ちになれること。私も続けていきます。

そして2021年、医療崩壊といわれる中、私達が今できる事は、医療に負担をかけないこと。自分の健康を管理すること。お金に換えられない健康というものに価値があることを、もっと認識してほしいと思っています。

それでは、いつかどこかで、ご縁ができる事を願って。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です