頬のたるみを軽減し、口角を上げる簡単な方法

美しい姿勢がなぜ必要か。


今回はそれについてお話していきましょう。

まず、私、体が硬いのよーーーーって、あきらめていませんか?

気づいてはいるでしょうけれど・・・。このまま放置しておけば、ますます体は硬くなっていきます。背骨が湾曲して背筋が伸びなくなります。
歩幅が狭くなり、脚が上がらなくなるので、つまづき易くなります。歩幅が狭くなると、股関節の可動域が狭くなります。

極端ですが、その姿は、志村けんさんのコントで良く見かけた、腰の曲がったおばあちゃんそのもの。あの両腕が上を向いているのは、立っているためにバランスを取っているんですね。

ストレートネックといわれる、顎が前に突き出した姿勢スマホやパソコンを長時間見ている方、すでにストレートネック気味になっているかもしれませんね。
まずはここから改善していきましょう。この姿勢の人はたいてい猫背になっていますよ。

美姿勢ヨガのおススメ

では、どのような姿が理想的なのか?
それは顎を後ろへ引いて、頭が背骨の上に乗るようなイメージです。意識してみると、同時に背筋と腹筋が使われているのがわかります。

美姿勢ヨガでは、簡単に、タオルやヨガベルトを使って首のストレッチを行っていきます。
頬が引きあがれば、口角も上がりますほうれい線も気にならなくなってきますよ。
なぜなら、姿勢が悪く、下へと引っ張られていた頬が元に戻るのですから。

頭が背骨の上に乗るように、まっすぐにすることで(そもそも、背骨は緩いS字カーブを描いているのが正常ですが)首のコリ、肩のコリも和らぎます。

下に引っ張られている?それ、どこが引っ張っているかというと、胸が下がってきているからなんです。
姿勢が悪く、背中が湾曲すると、胸が下へと引っ張られるのです。そのため、頬の、顔のお肉も下へと引っ張られるのですよ・・・怖いです・・・

今回のまとめ


ストレートネックを解消することで、頬のたるみを軽減できます。そうすると口角が上がります。ハッピーな笑顔になりますね。

これだけでも、早々に意識して、顎を引いてみましょう。そうすると自然と背筋もまっすぐになってきますね。やってみるとわかりますが、猫背のままで顎を引いたら、苦しいですもん。

背筋が伸びると視線も上を向きます。
前を向いた視線で口角が上がったあなた。素敵だと思います。

それでは、レッスンでお会いできる日を楽しみにしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です